レタッチ

カサついた乾燥肌を写真修正でウル艶肌に!

更新日:

夏の終わりは特に、お肌には問題が残りがちです。
カサカサの乾燥した肌が写真にはっきりと映ってしまうことも多いですよね。
今回はそんな問題を解決します。

カサカサ肌質を写真修正で美しく!

まずは百聞は一見に如かず。こちらの画像をご覧ください。

お肌の質感がまるで違うのがお分かりいただけるかと思います。
このように陰影の強い撮り方の場合、
お肌のキメやポツポツ、さらにはファンデーションの乗り方までもが、鮮明に映ってしまうことがあります。
実際のお肌をウルウルつやつやに改善しようと思っても、今すぐという訳にもいかず多少なりとも時間がかかってしまうものです。
そんな時に便利なのが、写真修正。レタッチでサササッと、ツヤ肌にしてしまうことが可能です。
もちろんこちらの技術は、乾燥肌、吹き出物、ニキビ、毛穴、場合によってはタダレ、火傷の跡、タトゥーなどを修正することもできます。

修正アプリよりもPhotoshopが使えるワケ

Photoshopは大きな画像にも対応出来る!

スマホやiPhoneには沢山の「修正アプリ」があります。
ブログ用やTwitterに乗せる写真などは、アプリで十分だと思いますが、もっと大きな画像として使いたい時は…?
例えば、写真としてプリントする場合、オリジナルのフォトアルバムを作る場合、自分の写真を大きくプリントアウトしてポスターやカレンダーにしたい場合…。
こんな時はやはり、スマホやiPhoneで撮った写真では限界があります。
スマホやiPhoneでは画像がとても小さく、荒いのです。引き伸ばすと画質はさらに荒くなります。
つまり、スマホやiPhoneで撮り「修正アプリ」などを使って可愛く加工した写真は、大きな印刷で楽しむことが難しいのです。

しかし、デジタルカメラや一眼レフなどで撮った緻密な写真は 大きく印刷しても劣化せず、迫力満点。
そしてその写真に修正を加えることができるものが、Photoshopです。
Photoshopで自分好みに修正した写真データを、大きくすることも小さくすることも、自由に選択して楽しんでいただけます。

アプリだと、ちょっと不自然な感じになることも!

アプリは万人用に作られています。1人1人に向けてオーダーを聞くことはできません。
みんなが平均的に可愛く、かっこ良く修正が加えられるようになっています。
しかし、Photo-art-playではお客様のオーダーに1つ1つお答えするサービスになっております。
「ここのシワをもう少し消してほしい。」「顔中のホクロを全部消してほしい。」など
細かなオーダーに答えることができます。

綺麗な浴衣美人!

では、先ほどの画像に もう少し加工を加えたこちらをご覧ください。

お肌は先ほどと同じ、サラサラです。
右の修正後は、さらにちょっと写真を明るくしてコントラストを強くしました。(この辺はサービスでやることも多いです)
そしてメイクが少し飛んでしまっているので、メイクを濃く直しました。(これもサービスでやっちゃいます)
どうでしょうか?右のお顔の方が、なんとなくウルっとしてて艶やかではありませんか?

ちなみにこちらのお肌修正は【オーダーメイドプラン】の「美肌加工・ナチュラル(自然な仕上がり/一般向き)」で適応される美肌加工になります。
少し肌質も残しつつの、自然な肌に仕上げました。

【オーダーメイドプラン】

 

カサカサの乾燥肌にオススメなケア

では最後に、私もカサカサした時に効果のあったケア方法をご紹介したいと思います。

米ぬかケア

今は手に入れるのが難しいかもしれないのですが、米ぬかは良いです。
お風呂に入った時に、ついでにクルクルっと顔を擦って終わり。
米ぬかは保湿効果だけでなく、美白にも効果がありました。
私の使っていた米ぬかは、株式会社リアルさんの「美人ぬか」という3個入りの商品です。
最近ドラッグストアで見かけなくなり、購入することが減ってしまいました。

パック

特に日差しを浴びた日の夜は、パックがオススメです。
日焼けは言わば、「ちょっとした火傷」の状態なので お肌は火照りピリピリとしますよね。
そんな時 ドラッグストアにあるパックも大変おすすめなのですが、
なぜか私の肌には合わないようで、パックに入っている美容液成分がヒリヒリとするのです。
ですから私は、自分の化粧水をコットンにとって 顔に貼り付けてパックにします。
やり方は簡単。コットンを5枚くらい水に濡らし 程よく搾る。そこへ化粧水を沢山つける。
1枚のコットンを剥がして2枚にし、顔じゅうに貼っていきます。

プチ情報ですが、化粧水は手でつけるよりも
コットンにとって顔につける方が、なぜか浸透率が大幅にアップします!

馬油

なんか、古いものばっかで恐縮ですが、効果あるんですよ!
馬油は臭いから、顔になんか塗れない!とお思いの方も多いと思いますが、
今は「イチジクの香り」とか「ラベンダーの香り」とか「ひのきの香り」とかがあるんですよ!
私は「イチジク」がお気に入りでリピートしています。
馬油の使い方は、顔を洗った後 濡れたままでいいので そこに馬油を少量指に取り 顔に塗り広げていきます。
少量でよく伸びるので、少しづつ塗って下さい。
あまり塗るとベタベタぬるぬるしてしまうので。

馬油は肌にハリツヤがでますよ!

 

-レタッチ
-,

Copyright© Photo-art-play , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.